川越の和菓子屋 亀屋の亀の最中をそごう大宮店で買ってきた

埼玉県川越市出身の知人と話してる時に、
「以前は川越のお土産と言えば亀屋さんだったのに
今は、いも恋に押されて悲しい」と。

亀屋を知らなかった私は、気になってネットで調べてみました。


亀屋は、天明3年(1783)創業の老舗の和菓子屋さん。

なんか、最中やどら焼きが有名みたい。

亀の形のどら焼きがかわいい。

    スポンサードリンク


川越までは買いに行けないけど、そごう大宮店に出店してる

ということで、亀屋のそごう大宮店に行ってきました。


しかし、残念ながら亀の形のどら焼きは、元町店限定品ということで
販売されてませんでした。

そこで、定番人気の亀の最中を購入することに。





購入したのは、6個入り。

値段は、500円

賞味期限は、約1週間です。

お店の方が箱に詰める時に、
「粒餡とこし餡、同じ数でいいですか?」と聞いてくれたので
配分は好みに応じて変更してもらえるようです。

どちらかというとこし餡の方が好きですが、
初めて食べる最中なので、粒餡とこし餡を3個ずつにしてもらいました。





亀の最中は、大きすぎず小さすぎず。

1度に食べるのにちょうどいい大きさです。

皮に亀の模様が描いてあるのもいいです。





購入した日に食べなかったので、
さすがに皮はパリっとはしてませんでしたが
粒餡もこし餡も、どちらも甲乙つけがたい。

甘さもちょうどよく、美味しい最中でした。

ちなみに、亀屋は楽天にも出店しているので
そこからお取り寄せすることもできますよ。

⇒ 亀屋の通販(楽天)

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする