三宅水産のうまいでがんすという広島県呉市のご当地グルメを食べた

小田急百貨店新宿店で3月20日まで行われている
四国・瀬戸内物産展に行ってきました。

そこで購入してきたのは、広島県呉市のご当地グルメ
三宅水産の「うまいでがんす」というものです。

    スポンサードリンク


四国・瀬戸内の食べ物と言っても、うどん、レモンぐらいしか思い当たらない私。

何か珍しいもんはないかと四国・瀬戸内物産展の会場をウロウロ。

そして見つけたのが、
広島県呉市の練り物専門店 三宅水産というお店。


「穴子入りのちくわはいかがですか?美味しいですよ。ご試食どうぞ。」
と、売り場の方に声を掛けられたものの、穴子入りのちくわに惹かれるものは無く・・・

その他にも、チーズや明太子が入った練り物、
お好み焼きと書いてある練り物などもありましたが・・・


そんな中で、私が惹かれたのが「うまいでがんす」というもの。

「がんす」は、広島の方言で「~でございます」という意味なんだそうです。


    スポンサードリンク

三宅水産オリジナルの魚のすり身に、玉ねぎ、唐辛子を練り込み
パン粉をつけて揚げた「うまいでがんす」。

ご飯のおかずにはもちろんのこと、
パンに挟めばハムカツのような感じになるし、
うどんやお蕎麦に入れても美味しいとのこと。


そういえば、前に静岡の知人が
「黒はんぺんをフライにすると美味しい」と言ってたな、
そんな感じなのかな?

なんて思いながら見てたら、店員さんが試食をさせてくれました。

玉ねぎの甘みに、ピリッとした辛みがあり、とっても美味しい。


通常は2枚入り(税込237円)で売ってるということですが、
今回の物産展では、揚げたてで販売されてます。

「袋入りは日持ちがしますし、冷凍ができますけど、
3日以内に食べるのであれば揚げたてのものがおすすめです」

とのことなので、揚げたてのものを購入しました。





家に帰って、オーブントースターで温めて食べると
揚げたてのように衣がカリッとして本当に美味しかったです。

こんなに美味しいなら、日持ちのする袋入りも購入しておけばよかった
と、ちょっと後悔。

また見かけたら、購入したいと思う商品でした。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする