草月のどら焼き 黒松を行列に並んで購入、食べてみた

東京三大どら焼きといわれることもある
上野広小路のうさぎやと浅草の亀十のどら焼き、東十条の草月の黒松。


うさぎやのどら焼きは以前から私のお気に入り。

そして先日、亀十のどら焼きを購入して食べた。


ということで、
味を忘れないうちに東京三大どら焼きを制覇しようと思い
東十条の草月に黒松を購入しに行ってきました。

    スポンサードリンク

草月の黒松を求める行列?

日曜日だから、お店は多少混雑してるんだろうなぁと思いつつも、
上野広小路のうさぎやや浅草の亀十みたいに観光地でもないし
なんて軽く考えてたんですが・・・


草月の店舗は、JR京浜東北線「東十条駅」南口を出て
左手、坂を下った角にあります。

時間は日曜日の16:00頃。

坂を下って行くと行列が。

もしかしてこれは、草月の行列?


お店の外に10人ほど、さらにお店の中にも10人ほど、
合計20人ほどの行列になってました。

うさぎやや亀十では経験したことの無い行列です。
(まあ、時期や時間も違うので一概に比較はできませんが)

行列に並ぶのがあまり好きではない私ですが、
せっかくわざわざ来たので行列に並ぶことにしました。

草月のどら焼き 黒松を購入

行列が進み、店内に入ると店員さんが時々
「暑い中、ご来店ありがとうございます。
順番に対応しますので、今しばらくお待ちください」と声をかけてくれました。

こういう対応は嬉しいですね。

ただ、店内は4人ほどの定員さんがお客さんの対応をしているのですが
丁寧な対応のためか、一人に対する接客時間が長い。

そのため、並び始めてから黒松を購入し、お店を出るまで40分位かかりました。


    スポンサードリンク

草月のどら焼き 黒松を食べた感想など

草月の店内には、料理記者だった岸朝子さんの
「黒松 おいしゅうございます」の色紙が飾られてました。

岸朝子さんが「おいしい」というお菓子なら、きっと美味しいはず?
と期待を大にして食べてみました。





虎柄の生地。

商品名に「黒松」と付いてるだけあって
生地には黒蜜とハチミツが使われてて、黒っぽいです。


包みを開けると、黒蜜の香りが漂います。

生地はふんわりと柔らかい。

この生地のふんわり感がすごく良いです。


食べると、ものすご~く黒蜜の味。

餡の甘さより、生地の黒蜜の方が甘く感じられるぐらいです。


味は美味しいですし、他店のどら焼きに比べて値段が安い。

亀十のどら焼き1個分の値段で、黒松が3個買えちゃいます。


ただ、これがどら焼きかと言われると・・・

お菓子としては美味しいですが、どら焼きにしては黒蜜の味が強く
私としては別のお菓子という感じですね。

草月の黒松

【値段】

1個100円(税抜き)。
ただし、6月から120円に値上がりするそうです。

【賞味期限】

夏場で2~3日、冬場で4~5日


現在通販はされておらず、
店頭での申し込みのみで地方発送を受け付けてます。

申し込みは、希望発送日の1ヶ月前から。

ただ、混雑状況によっては希望日に発送ができないので、
「詳しくはお電話でご確認の上、ご来店ください」とのことです。

御菓子司 草月の店舗情報

【アクセス】


JR京浜東北線「東十条駅」南口を出て
左手、坂を下った角にあります。

駅から徒歩約1分。


【営業時間】

9:00~19:00

【定休日】

火曜日(繁忙期変動あり)


草月では、黒松以外にも
練り切り、水羊羹、羊羹、最中・・・
お煎餅に芥川製菓のチョコレートまで売ってました。

⇒ うさぎやのどら焼きを上野で購入!私が食べた中では・・・

⇒ 亀十のどら焼きを浅草雷門近くの店舗で購入してきた

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする