ペリカンのドックパンを予約 ついでに食パンを購入した

東京浅草近くにある老舗のパン屋さん「パンのペリカン」。

テレビで紹介されることも多く、映画も作られ、
そのせいか、ますますの大人気となっているようで。

ペリカンのパンは、原則予約なしでも購入できるのですが、最近はすぐに売り切れてしまい、
”ふらっと”店に立ち寄って購入というのは難しい状況です。


なんせ、8時開店なのに、8時半に売り切れてることも多いです。
(パンは1日数回焼かれます)

なので、確実に手に入れたければ予約が必要です。

    スポンサードリンク

ペリカンのパンを予約

職場の同僚と
「久しぶりにペリカンのドックパンが食べたいね」と。


パンのペリカンでは、電話での予約も受け付けてくれますが、
職場から近いので、直接店舗へ予約しに行きました。


水曜日のお昼頃ペリカンへ。

予約できるドックパンは、翌週月曜日以降の販売分ということでした。


その時の店員さんの話では

「食パンは、最近予約が混み合ってるので、前々日までに予約するのが確実」

だそうです。


ちなみに、ロールパンの予約も数日前にする必要があります。

私がロールパンを予約した時には、
水曜日の13:30頃に店頭へ予約しに行ったところ、

ロールパン(中ロール)は、すでにその週の販売分の予約受付を終了、
ロールパン(小ロール)なら、土曜日販売分が6袋まで受付ができる

という状況でした。

    スポンサードリンク

ペリカンのドックパン


値段は、5本入りで480円(税込)


ロールパンやホットドッグのパンは、
卵の黄身が塗られてて、パンの表面がテカってることが多いですが、
ペリカンのドックパンは、塗られてません。

ふんわりしてて、それでいて小麦の味がしっかりしてる。

ソーセージなどを挟んで食べるととても美味しいです。

ペリカンの食パン

ドックパンを予約した時、ちょうどタイミングよく食パンが販売されてたので、
思わず食パン(1.5斤)も購入しちゃいました。


食パンの値段は、
1.5斤 570円(税込)、1斤 380円(税込)


創業以来(75年)変わらない製法を守ってるペリカンの食パンは、
昔ながらの食パンの味。

あっさりしてて、ぎゅっと詰まった感じがします。

持った感じも重たいです。


そのまま食べても、トーストしても美味しい。

また、あっさりしてるので、ピザトーストなどにアレンジしても美味しいです。


ただ、今時のふんわりとしたパンが好きな人の好みには合わないかも。

私としても、ペリカンのパンは、美味しいことは美味しいですが、
それよりも、懐かしいと感じる味です。

小さい時に近所にあったパン屋さんの食パンの味によく似てます。

パンのペリカン 店舗情報


【アクセス】

・東京メトロ銀座線「田原町駅」から徒歩3分
・都営浅草線「浅草駅」から徒歩5分
・都営大江戸線「蔵前駅」から徒歩5分


【営業時間】

8:00~17:00(品切れの場合、閉店時間が早まることがあります。)


【休業日】

日曜日、祝日、特別休業日(夏・年末・年始)


【通販】

数年前までは、電話や店頭受け付けにより、発送をしてもらうこともできましたが、
現在、人出不足のため、発送は受け付けてません。

⇒ ペリカンのパン&ペリカンのパンが食べられるカフェ

⇒ 私が食べた食パンいろいろ

⇒ 東京上野・浅草周辺のスイーツ・お菓子・グルメのお店情報や感想など

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする