京都鉄道博物館に平日出張ついでに行ってきた。




2月の終わりに京都に出張に行ったので、
そのついでに、休暇をとって京都観光

京都鉄道博物館へ行きました。

私は、鉄子というほどではありませんが鉄道は好き。

京都に行ったからには、
鉄道博物館に行かないわけにはいきません。(笑)

    スポンサードリンク

京都鉄道博物館へのアクセス

京都鉄道博物館へのアクセス方法はいろいろあります。

・京都駅からバスや徒歩。

・嵯峨野線丹波口駅から徒歩。

・京都線西大路駅から徒歩。

・阪急京都線西院駅からバス。

・京阪本線七条駅からバス。

などがあります。


私の場合は、バス(車)が苦手なので、
京都駅から徒歩で行くことに。

普通に歩いて、約20分程で到着しました。


ただ、夏場や歩きなれていない方は、
バスやタクシーで行くのが良いと思います。

京都鉄道博物館の料金

料金は、

一般 1,200円
大学生・高校生 1,000円
中学生・小学生 500円
幼児(3歳以上) 200円

団体割引や障がい者割引もあります。


チケットを券売機で購入して、入場時に係りの方に見せて
入場します。

私は、大学生なので、1,000円のチケットを購入。

とはいっても、かなり立派な大人(年齢だけですが)な上、
放送大学なので、もしかして止められる?

と、恐る恐る放送大学の学生証を見せると、
何事もなく、係りの方に「どうぞ」と。

大学生になって初めての学割使用です。


    スポンサードリンク

京都鉄道博物館の中へ

他にも京都を観光してきたので、
京都鉄道博物館に着いたのは、15:00頃。

2月の終わりの平日(火曜日)ということもあり、
混雑は全くなく、ガラガラです。


とはいっても、入ってすぐにあるブルートレインの
食堂車を使用したレストランは、ほとんど品切れでした。

ちなみに、この食堂車では、お弁当や軽食が食べられます。

京都鉄道博物館のレストランで食事

レストランは本館2階にもあります。

時間は中途半端ですが、せっかくだからということで、
食事をしました。

注文したのは、ハチクマライスというメニュー。

乗務員のまかないを再現したものだそうです。


ハンバーグや目玉焼きなどがのっていて、
ロコモコのような見た目のハチクマライス。

でも、味の方は、私の口には合いませんでした。

他のものを頼めば良かったと、ちょっと後悔しました。


ちなみに、このレストランは、休憩所にもなっていて、
自分で持参したお弁当などを食べることもできます。


レストランの窓から外を見ると、行き交う在来線を
見ることができますよ。

蒸気機関車

京都鉄道博物館では、いろいろな車両を見ることができますが、
蒸気機関車(SL)の展示が多いのも魅力。

扇形車庫は圧巻です。




展示を一通り見て、食堂でご飯を食べ終わると、
その日最後の運行を終えたSLが帰ってきました。


アナウンスによると、これから、

SLがターンテーブルに乗って方向を変え、
伏線に入り、
石炭のカスを取り除き、
給水をし、
石炭をブルドーザーで補充する

というので、それを見ることに。


やってきたSLはC62形、
国鉄最大の蒸気機関車だけあって、迫力があります。

約15分のイベントを楽しみました。

あとがき

最後は、お土産コーナーのあるミュージアムショップへ。
 ⇒ 京都鉄道博物館のお土産を購入(ミュージアムショップへ)

お土産を購入して、

鉄道博物館を出たのは、閉館時間(17:30)間近でした。


京都鉄道博物館は、ただ車両が展示されているだけでなく、
車両の下がトンネル状態になっていて、下側が見られたり、

ドアの開け閉めができたり、
抽選で運転のシミュレーションができたり、

実際に走るSLに乗ることができたりと、
内容盛りだくさんです。

今回は、展示をざっと見て回っただけですが、
それでも2時間ほどかかりました。

なので、じっくり楽しむためには、
もっと早い時間に行く必要がありそうです。



京都鉄道博物館に行ってきた方たちの口コミが気になる方は、
こちらもチェックしてみてください。
⇒ 京都鉄道博物館の口コミ

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする