時屋のどら焼き【ドラえもんのどら焼きって美味しいの?】


ドラえもんの好きなものといえば、

どら焼き。


そのドラえもんのどら焼きのモデルになったのは
新宿にある時屋のものと聞いて、食べてみたいなと・・・


ということで、新宿に行ったついでに
時屋のどら焼きを購入してきました。

    スポンサードリンク

時屋のどら焼きは美味しい?

時屋のどら焼きは、
「小」(8cm)、「中」(10cm)、「大」(18cm)、「特大」(25cm)というラインナップ。

さらに、栗入りもあります。


私は、「小」と「中」を購入しました。

価格は、「小」が190円(税込)、「中」が300円(税込)

ちなみに、「大」は1,100円、「特大」は2,750円です。


とってもきれいなきつね色で美味しそうなどら焼き。


「小」は、直径8cmほどの大きさ。


「中」は、直径10cmほど。

「時屋」の焼き印が入っています。


食べてみると

ちょっとパサついているような・・・


あんこは甘いけど、しつこくない甘さで美味しい。

そして、粒餡の粒をしっかり感じられる

と言えば聞こえはいいですが、
小豆の粒がちょっと硬いところがあります。

食べた感じは、「小」も「中」も同じ感じ。


ドラえもんのどら焼き(のモデルになったと言われる)、
そして老舗のどら焼きということで期待していたのですが、
ちょっと期待はずれという感じ。

私の中のどら焼き1位は
やっぱり上野広小路にある「うさぎや」のどら焼きです。

⇒ うさぎやのどら焼きを上野で購入!私が食べた中では・・・


    スポンサードリンク

時屋の店舗情報など

時屋は、1948年創業の老舗の甘味処です。

ドラえもんの作者 藤子・F・不二雄さんのお気に入りだったとか。


店舗は、新宿西口ハルク1Fにあります。



【営業時間】
平日:11:00~21:30(ラストオーダー 21:00)
日・祝:11:00~20:00(ラストオーダー 19:30)

【総座席】
55席


私が行ったのは日曜日だったため、
店内が混んでいたので、店舗で食べるのはあきらめ、どら焼きを購入してお持ち帰りしましたが、
店舗では、店舗限定のクリームどら焼きも食べることができますよ。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする