岩下の新生姜ミュージアムを見学&カフェで食事 してきた


お正月休みの1月4日に、前からちょっと気になってた
栃木県栃木市にある「岩下の新生姜ミュージアム」に行ってきました。


まあ、今回のお出かけのメインは、「あしかがフラワーパーク」イルミネーション
だったのですが、「岩下の新生姜ミュージアム」は同じ沿線

ということで、途中下車をして寄ってみることに。

    スポンサードリンク

岩下の新生姜ミュージアムを見学

岩下の新生姜ミュージアムに到着したのは、15:30頃。





まずは受け付けへ。

岩下の新生姜ミュージアムは入場無料ですが
受付で、住所と人数と来館回数を記帳します。


受け付けの横では、甘酒(新生姜入り)をサービスしてました。
(ちなみに、12月は豚汁をサービスしていたらしいです。)

が、残念ながら私が入場した時には準備中でした。


入り口を入ってすぐのところに、ピンクのグランドピアノが




そして、記念写真コーナーも。

特大の岩下の新生姜の袋(にみたてたセット)に入って記念撮影することができます。




岩下漬けの素の自動販売機なんてものもあります。

ちなみに、値段は1本250円。




岩下の新生姜誕生物語や岩下商品のパッケージギャラリー、岩下のこだわり、生姜の効能の紹介など
いろいろな展示物があります。




世界一大きな岩下の新生姜のかぶりもの。


高さ5mだそうです。


ジンジャー神社なんてものまでありました。




他にも、岩下の新生姜のCMを奏でられるハンドベルや生姜の効能についてのクイズとか、
訪問した芸能人など著名人のサインなどのアトラクションもあります。

ミュージアムショップ

ミュージアム内を一通り見た後は、ミュージアムショップへ。

ミュージアムショップでは、岩下食品の商品をはじめ、
食品から雑貨までオリジナルグッズが販売されてます。

お正月なので、福袋も販売されてました。


ただ、この後あしかがフラワーパークに行くので、何も購入しませんでした。

その代わりに(?)
ミュージアム内のカフェで少し早い夕食を食べることにしました。

    スポンサードリンク

岩下の新生姜ミュージアムのカフェで食事

岩下の新生姜ミュージアム内のカフェの名前は「カフェニュージンジャー」




メニューは

岩下の新生姜ピザ
岩下の新生姜おろしハンバーグプレート
ピンクニュージンジャーカリー
岩下の新生姜カルボナーラ
ピンクの岩下の新生姜水餃子
岩下の新生姜鶏から揚げ
岩下の新生姜ソフトクリーム
ニュージンジャーチーズケーキ
岩下の新生姜チョコブラウニー
岩下の新生姜ホット・アイス コーヒー
岩下の新生姜ホット・アイス ティー
などなど・・・

メインメニュー、サイドメニュー、デザート、ドリンク
いずれも岩下の新生姜づくしです。
(ただし、コーヒー、紅茶、ジュースなどは、岩下の新生姜抜きも選べます。)


カフェニュージンジャーは、食券・セルフサービス制です。

注文した商品を受け取るところには
「岩下の新生姜ドレッシング」、「岩下の新生姜塩」、「岩下の新生姜」、「オリーチェ(オリーブの浅漬け)」が置いてあります。

カフェの利用者は
「岩下の新生姜ドレッシング」と「岩下の新生姜塩」が自由に使えるようになっていて、
「岩下の新生姜」と「オリーチェ」は食べ放題なんです。


「岩下の新生姜肉巻きプレート~エスニックソース添え~」を注文しました。

値段は980円




新生姜の肉巻き、サラダ、くるくる巻(新生姜と大葉をちくわで巻いてある)・・・

新生姜をふんだんに使ったプレートで、おまけにお箸までピンク。

味はとっても美味しかったです。

岩下の新生姜ミュージアムについて



【アクセス】

「栃木駅」北口から徒歩約12分

栃木駅北口からロータリーを右方向へ。
道なりに進み、河合町交差点を右折。
県道31号線沿いの左側にあります。


車の場合は、
東北自動車道・北関東自動車道「栃木IC」から約15分

無料駐車場有


【休館日】

火曜日(祝日を除く)と年始年末


【開館時間】

10:00~18:00
カフェは 11:00~18:00(ラストオーダー17:30)


【入場料】

無料


【見学所要時間】

30分~1時間(私の所見による所要時間で、カフェやミュージアムショップは除きます)


土日限定のイベントもあるので、行くなら土日がおすすめかも。

最後に

岩下の新生姜ミュージアムは、新生姜の色にちなんでピンク、ピンク、ピンク・・・

ピンク好きの方にはたまらないかも。

ただ、ピンク色に加え、いろいろなところにある新生姜を模したグッズやオブジェは、秘宝館のような感じも。


それはともかく、
岩下の新生姜ミュージアムは「面白かった」「楽しかった」かというと


作り方、効能、こだわりとかは、見てて結構面白かったですが
岩下の商品の歴代のパッケージとか、新生姜(マスコット)の部屋とか、神社とかは微妙です。

私の岩下の新生姜“愛”が足りないのかもしれませんが・・・


ただ、カフェでの食事は美味しかったので、近くにあったらカフェにご飯を食べに行きたいって感じです。


岩下の新生姜ミュージアムを見学した後は、今回のお出かけのメイン
⇒ あしかがフラワーパークのイルミネーションへ

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする