市電カフェ(京都梅小路公園)のカタカタつりわパンをお土産に

京都鉄道博物館へ行った時に、梅小路公園内を歩いていると
京都水族館の隣に「市電ひろば」という場所が。

そこには、路面電車の車両が4両並んでいました。


その中の1両には、
「営業中、市電カフェ」という看板が掲げられています。

どうやら、市電の車両がカフェになっているようです。

    スポンサードリンク

市電の車両を使用したカフェ

中に入って、お茶でも飲みたかったのですが、
あまり時間がなく、それは諦め・・・


でも、外でちょっと面白いものを発見!

それが、つり革を模ったパン「カタカタつりわぱん」です。


販売されていたのは、
チョコ、シナモン、シュガー、岩塩、黒ごまの5種類。

個別販売(1個250円)と、
5種類セットのギフトボックス(1,200円)もありました。


その中から、自分へのお土産に
一番無難そうなシュガーを購入。

レトロな市電らしく、昔懐かしい素朴な味わいを実現するため、
グリッシーニ(スティック状の硬いパン)をヒントに開発されたそうで、
「あえてかたいパン グリッシーニ風」と書いてあります。




家に帰ってから食べてみたところ、
カリカリしていて、噛むほどに味が出てきて美味しいパンでした。

日持ちは約1週間と、パンにしては長めなので、
お土産にもぴったりです。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする