アルプス洋菓子店のシュークリームとモンブラン【閉店前に食べてみた】


職場の昼休みに同僚が
「アルプス洋菓子店が3月で閉店するんですって。一度モカロールを食べてみたかったのに」と。


アルプス洋菓子店を知らなかった私。

ググってみました。

アルプス洋菓子店は、JR駒込駅近くにある昔ながらのケーキのお店で
「モカロール」と「シュークリーム」が名物らしい。


調べてるうちに食べたくなっちゃった

ということで、「モカロール」を購入しに
アルプス洋菓子店に行ってきました。

    スポンサードリンク

アルプス洋菓子店へ

昨日(3月1日)は午後から出勤ということで、
開店時間の10:00を目指してアルプス洋菓子店へ向かいました。


駒込駅に到着したのは、10:10頃。

初めて行くお店なので方向音痴の私は、すぐにお店を見つけられるか心配したのですが
そんな心配は無用でした。

駒込駅から出ると行列が見え、すぐにお店を見つけることができました。


この行列に並ぶのか・・・

すでに20人位の人が並んでます。


思わず帰ろうかと思いましたが、
せっかくここまで来たし、同僚も楽しみに待ってるし
ということで、行列に並びました。





行列に並ぶこと約30分。

やっと私の順番がきました。


しかし、モカロールはすでに売り切れ。

他にも売り切れてるケーキが





平日の開店直後に並んだのに・・・


    スポンサードリンク


気持ちを切り替え、何を買おうかとショーケースを改めて見てみると
カットケーキは10種類位ありましたが、どれも単価が600円越えで気軽に買える値段ではありません。

同僚たちの好みもわからないし・・・


結局、2番目に有名なシュークリーム(312円)。

そして、どうしても気になったモンブラン(604円)を1個だけ購入することにしました。

アルプス洋菓子店のシュークリームとモンブランを食べた

職場に行き、早速同僚たちとシュークリームとモンブランを食べることに。



シュークリーム




最近は、洋酒が入ってたり、バニラビーンズが入ってたり、生クリームが混ざってたりと
高級感あふれるシュークリームが多いですが、

アルプス洋菓子店のシュークリームは、いい意味で飾り気がありません。


皮はサクサク

カスタードクリームだけのクリームなので、まったりとしてほどほどに甘く、

昔ながらのシュークリームといった感じで、とっても美味しかったです。

モンブラン




1個だけ購入してきたモンブランは4人で分けて食べることに。


昔ながらの黄色いクリームに、硬めのしっとりしたスポンジ。

スポンジの中にクリームと栗の粒が入ってて、こちらも懐かしい味。

今時、こういうオーソドックスなモンブランって少ないんですよねぇ。

美味しいモンブランでした。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする