アコメヤで土鍋を購入した!炊き方も紹介




アコメヤ(AKOMEYA)の有田焼 黒釉(くろゆ)土鍋。


職場の後輩が、

「ぜひ、土鍋でご飯を炊いてみてください。美味しいですよ。
アコメヤの土鍋なら、火加減を気にしなくていいので便利です。」

と、テレビショッピングかのごとく、私にすすめてくる。


    スポンサードリンク

アコメヤで土鍋を購入

アコメヤの土鍋なら、火加減無しで10分火にかけて、
10分蒸らすだけで美味しいご飯が炊けるという。


しかし、これが高い!

3合の土鍋は、¥16,800(税別)
1.5合の土鍋でも、¥8,900(税別)とか

安い炊飯器なら買えちゃうお値段。


お店に行ったものの、購入せずに帰ってきたりと、
散々迷った末に、結局は1.5合の土鍋を購入してしまいました。

毎日おいしいご飯が食べられると思えば安いもの

と自分に言い聞かせて(笑)

アコメヤの土鍋での炊き方

アコメヤの黒釉土鍋でのご飯の炊き方は


① 研いだお米を鍋に入れて、水を加えます。

 お米と水の割合は、1:1.2
 硬めに炊きたい場合は、水を1.1倍にします。

 新米の場合は、水を少なめにしてください。


(画像のお米の量は1合です)


② ①を30分位放置します。

 置いておくことで、お米が適度に水を吸収し、
 ご飯が美味しくできるそうです。


③ 中蓋の穴と上蓋の穴が重ならないようにフタをします。

 圧力が抜けないように、中蓋の穴と上蓋の穴の位置を
 90度ずらしてください。


(中蓋)


(上蓋)


④ 10分前後で沸騰する位の火(中強~強火)にかけて沸騰させます。

 ちなみに、0.5合なら8分ぐらいで炊けます。




⑤ 沸騰したら火を消して、
  蓋をしたまま10分くらい置いたら出来上がり。




炊きあがったご飯は、ふっくらと美味しいです。

    スポンサードリンク

沸騰した後、すぐに火を止めずに、
5分位そのまま火にかけておくと、おこげができて、
それもまた美味しいです。


また、思っていたよりもご飯が冷めにくいので
30分位は、温かいご飯が食べられます。

感想

お米を水に入れておいておく時間を入れても、
炊飯器でご飯を炊くのと、大して時間は変わらない。
(我が家の炊飯器は、ご飯を炊くのに30分以上かかる)

そして、手間はかからないのに美味しいご飯が食べられる。

値段はともかく、購入して良かったです。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする