ちぎりパン(オレンジページのフライパンレシピを商品化)を購入


オレンジページ 2016年 9/17号


オレンジページ2016年3月2日号で、
フライパンで作るメニューとしてレシピが掲載され、

9月17日号の付録で特集されるほど大人気となった
「フライパンちぎりパン」が商品化。

エキュート大宮で期間限定で販売されていたので、
購入しました。
(エキュート大宮での販売は4月23日まで)

    スポンサードリンク

商品化されたちぎりパンのチラシによると、

「オレンジページから生まれたちぎりパンとは、
しっとり、もっちり。あたためてふんわり。

ほんのり甘くて、しっとり、もっちりとしたパン生地。
電子レンジで1分ほど温めると、ふわふわの食感が楽しめます。

小さく丸めた生地を並べて焼いているので、
1ピースずつ簡単にちぎれます。

手でつまんでお気軽にどうぞ。」

だそうです。


販売されていたちぎりパンは、

塩バター(小 380円、大 700円)
マヨコーンチーズペッパー(小 460円、大 880円)、
塩メープルナッツ(小 460円、大 880円)、
はちみつ塩レモン(小 460円、大 880円)

価格は税込みです。


その中から購入したのは、
「塩バター(小)」と「はちみつ塩レモン(小)」です。

    スポンサードリンク


チラシに書かれていた通り、
電子レンジ(600w)で1分ほど温めてから食べました。


まずは、「塩バター(小)」




「小」は8個にちぎれます。
ちなみに、「大」は16個にちぎれます。


生地の美味しさを味わうなら「塩バター」がおすすめだそうです。

「生地にバターの風味と岩塩のほどよい塩気が・・・」

とありますが、味はバタートーストといった感じ。
塩加減は確かにほどよいです。


そして、「はちみつ塩レモン(小)」




国産レモンのハチミツ漬けと、岩塩がトッピングされていますが
あまり岩塩の感じはしません。

ただ、私の好みとしては、レモンはハチミツ漬けよりも
煮てあった方が良かったかな・・・

パンがふわふわなだけに、
ちょっと、レモンの皮の堅さが気になりました。

「塩バター」も「はちみつ塩レモン」も
味はごくごく普通な感じです。

これが、家庭で作ったというのであれば
美味しいパンなのでしょうが・・・

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする