盛岡製パン 狛江店でコッペパン2種類を購入して食べた


数ヶ月に一度東京都狛江市に行く用事がある私。

その際に利用する小田急線狛江駅の近くに昨年9月
コッペパン専門店盛岡製パンの狛江店ができました。


パン好きの私としては気になったのですが、
初めて盛岡製パン狛江店の前を通った時には、開店初日だったため長蛇の列。

行列に並ぶのは・・・


その後もお店の前を通るたびに気になってはいましたが、
いつも行列ができていて、なかなか買う機会がありませんでした。

    スポンサードリンク


ところが先日、盛岡製パン狛江店の前を通ると行列は3人ほど。

これはチャンスと、購入してみることに。


私の順番が来てお店に入ると、
店内は本当に狭く、お客さんは2人しか入れません。

1人が注文して、1人は品物を受け取るために待つという感じです。


メニューは豊富で、ジャムやクリーム、餡子などを挟んだお菓子コッペ、
そして、コロッケ、たまごなどを挟んだおかずコッペといろいろ。

盛岡名物のじゃじゃ麺を挟んだコッペパンもありました。

ちなみに、盛岡製パンのメニューはこんな感じです。
⇒ 盛岡製パンのメニュー


どれにしようか迷ったあげく
コンビーフポテトと粒ピーナッツを1個ずつ購入です。

こちらのお店では、注文を受けてからパンに具材を挟んでくれるので
注文してから少し待ちます。


    スポンサードリンク

購入した商品を受け取ると、
せっかく作りたてなのだからすぐに食べたいという衝動が。

お店の前に長椅子があって、その場で食べらるようになってるのかな?とも思いましたが、
狛江駅の休憩所で食べることにしました。

盛岡製パンのコッペパン コンビーフポテト



コンビーフポテトの値段は、300円(税別)。

ケチャップ味のコンビーフとポテトサラダが挟んであります。


食べてみると、この組み合わせが相性抜群、とても合います。

ただ、カロリーはすごく高そうですが・・・


コッペパンはふわふわ。

よくも悪くもパンの味は、普通です。

でもこの普通さが、中の具材の美味しさを引き立ててます。


割と大きなコッペパンなので、
一つ食べただけでお腹がいっぱいになってしまいました。

なので、粒ピーナッツのコッペパンはお持ち帰りです。

盛岡製パンの粒ピーナッツ

家に持ち帰ったら潰れちゃいました。笑


粒ピーナッツの値段は、190円(税別)。

ピーナッツの粒入りクリームが挟んであります。


そのピーナッツクリームが丁度よい甘さ。

粒々の食感もいいです。

ピーナッツクリームがたっぷりでしたが
くどくなく、美味しく食べられました。


ただ、あまりにもふわふわのコッペパンなので、
持って帰る間に潰れてしまったのが残念でなりません。

盛岡製パン 狛江店

狛江店は盛岡製パンの2号店

営業時間は、10:00~19:00(売り切れ次第閉店)

定休日は無く、年中無休だそうです。

最後に

盛岡製パンのコッペパンは美味しくて食べ応えも十分。

メニューも豊富なので、他にもいろいろ食べてみたいと思います。


ちなみに、3月10日には
横浜市磯子区杉田にある ぷらむろーど商店街に
3号店となる杉田店がオープンするそうです。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする