おきりこみを群馬高崎駅のお土産コーナーで購入、食べてみた




出張で群馬県の高崎に行った時に立ち寄った
高崎駅のお土産コーナーで

群馬県のマスコットぐんまちゃんが
印刷された「おきりこみ」

が販売されていたので、自分へのお土産に
購入してきました。

    スポンサードリンク

「おきりこみ(おっきりこみ)」は、群馬県の郷土料理で
幅が広く、平べったい、ほうとうのような感じの麺です。


高崎駅のお土産コーナーには、いろいろなメーカー、
種類のおきりこみが並んでいました。


その中で目を引いたのが、

群馬県のマスコットぐんまちゃんが
麺に描かれた「おきりこみ」。




しかも、麺を煮た後もぐんまちゃんは消えないとのこと。

おもしろそうなので、買ってみました。

しょうゆ味で1袋に二人分入ってます。


    スポンサードリンク

作り方は、

野菜や油揚げなど、お好みで野菜を炒めたら、水を入れ、
煮立ったら、麺を入れます。

麺を入れたら、くっつかないように、かき回しながら
12分程茹でます。

そして、汁の素を入れて、煮立ったら出来上がりです。

汁の素は、ちょっと濃いめなので少量ずつ、自分の好みで
調節します。


ただ、出来上がったおきりこみのぐんまちゃんは、
ちょっと残念な感じでした。

確かに消えずに残っていますが、茶色で描かれているため、
麺がおつゆを吸うとちょっと絵がわかりずらくなって
しまいます。




食べてみると、おつゆがとっても美味しい。

私は薄味が好きなので、作る時に、汁の素を半分くらいしか
使わなかったのですが、それでもちょうど良い感じ。

麺は幅が広いので、うどんやほうとうを食べているというよりも
ラザニアを食べているみたいな感覚でした。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする