亀十のどら焼きを浅草雷門近くの店舗で購入してきた


そうだ、どら焼きを買おう

と、思い

上野広小路の和菓子屋さん「うさぎや」に行こうかとも思ったのですが、
浅草雷門近くの「亀十」に行くことにしました。

亀十に行くのは・・・
前回いつ行ったのかわからないほど久しぶりです。(10年以上行ってない)


亀十のどら焼きは、上野広小路のうさぎや、東十条の黒松とともに
東京三大どら焼きと言われることもあり、行列ができることもあるほど大人気。

私が行ったのは、平日のお昼12:30頃ということもあってか、
お店の外に行列はありませんでしたが
店舗内に5~6人ほどが順番待ちをしてました。

    スポンサードリンク

亀十のどら焼き

亀十のどら焼きは、黒餡(あずき)と白餡の2種類があります。

値段は、1個360円(税込)

消費期限は3日。


見た目は一般的などら焼きと違い、生地がまだら模様になってます。

大きさは直径12cm位(正確に測ったわけではないですが)
一般的などら焼きよりも2回り位大きいといった感じです。

亀十のどら焼きを食べた感想

生地がホットケーキのようにふわふわ。


小豆のあんこは甘すぎなくて、あっさりめの美味しいあんこ。

白餡はちょっとねっとりした感じです。

生地との相性は、白餡の方が合うように思います。


美味しいどら焼きですが、
ふわふわの生地がどら焼きといった感じではなく、
私には別の食べ物のように感じてしまいます。

また、若干大きめとはいえ、値段が高い。


私にとって1番のどら焼きは、やっぱりうさぎやのどら焼きです。

⇒ 「うさぎやのどら焼き」についての記事はこちら

亀十 店舗情報

亀十の店舗は、浅草雷門近くにあります。

アクセスは、
都営浅草線「浅草駅」A4出口から徒歩3分
東京メトロ銀座線「浅草駅」2番出口から徒歩1分

営業時間は、
10:00~19:00

定休日は無し


店頭や電話で予約することも可能です。

また、電話注文でお取り寄せもできるそうです。

(店舗情報の内容は変更になっている場合もあります)

⇒ 東京上野・浅草周辺のスイーツ・お菓子・グルメのお店情報や感想など

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする