鈴懸 鈴乃最中おてづめを食べた【伊勢丹新宿店で購入】


ゴールデンウィークに伊勢丹新宿店の鈴懸に柏餅を購入しに行った時に
「鈴乃最中おてづめ」というお菓子も購入してきました。


「鈴乃最中おてづめ」は、最中の皮と餡が別々にパッケージングされてて
食べる時に自分で最中の皮に餡を詰めるスタイルの鈴の形の最中です。

そのため賞味期限も長く、お土産にもぴったりです。

    スポンサードリンク


鈴懸の鈴乃最中は、私の姉曰く「一番美味しい最中」。

店舗では餡が詰められてる状態でも販売されてますが、
そちらは賞味期限が約3日と短い・・・

この日は、柏餅がメインだったため、最中は賞味期限が長い「おてづめ」を購入しました。

値段は4組入りで 1,534円(税込)です。





季節に合わせた包装紙をかけてくれるようで
5月ということで「かぶと」と「あやめ」の2種類から選ばせてくれました。



1パックに鈴(最中)2個分入ってます。


パッケージングされているせいか
餡はちょっと固いというか、柔らかい羊羹という感じ。

量は結構多めで、餡をきちんと半分にして
この量を皮に盛るぞ!と思って餡を詰めないと餡が余ります。


皮が別にパッケージされてるので、
すご~くパリっとしたのを想像したのですが

香ばしさはあるものの、最中の大きさに対して皮が厚いため
それほどパリっとした感じでもなく・・・

以前、あらかじめ餡が詰めてある鈴乃最中を食べた時は、美味しいと思ったんですけどね。

私の好みとしては、「鈴乃最中おてづめ」よりも、
以前食べた「古印最中」や「亀の最中」の方が美味しいと思いました。

⇒ あしかがフラワーパークのお土産2つ目 古印最中(足利 香雲堂本店)

⇒ 川越の和菓子屋 亀屋の亀の最中をそごう大宮店で買ってきた

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする