食パン専門店 利という日光の人気パン屋さんの食パンを新宿高島屋で購入


新宿高島屋で9/13~9/18に行われていた美味コレクションという催事に行ってきました。


この催事には、栃木県日光市にある食パン専門店「利(とし)」というお店が出店。

食パン専門店「利」は、地元でも大人気で、

購入するには行列に長時間並ぶ
電話予約しようにも電話はかからず
営業日は土曜日のみ
その土曜日も催事などがあると休業してしまう
というパン屋さんなんです。

    スポンサードリンク

食パン専門店 利(新宿高島屋の催事)へ

私が「利」の食パンを購入するのは2度目。

以前も、美味コレクションで購入しました。

なので、その大人気っぷりは経験済み。

週末の3連休だと会場全体が混むから購入できないかも。

ということで、休みも取れた(休日出勤の振り替え)ので、初日(平日)に行ってきました。


開店時間の10:00に新宿高島屋に着きたかったのですが
ちょっと遅れてしまい、会場に到着したのは10:07。

「平日とはいえ、もう売り切れちゃったかな?」と思いながら催事場へ。


販売されてた食パンは、
「利(1.5斤)」1,404円 各日80本限定
「プレミアム芳(はな)(1.5斤)」1,404円 各日20本限定


ですが、

すでに、プレミアム芳の方は売り切れ。

利の方は、まだ整理券を配っていて、なんとか購入することができました。

ちなみに、この日の整理券は10:25頃に配布を終了してました。


    スポンサードリンク

食パン専門店 利の食パン「利」を食べた感想など

利の食パン「利」は、
北海道産高品質小麦粉、発酵バター、長野県天然水など、
材料にこだわって作られた食パンです。

賞味期限は、2日間


そのまま食べるとモチモチの食感。

焼いて食べると、外はサクサク、中はモチモチと
2つの食感が楽しめます。


当日は、そのまま焼かずに食べて、
翌日はトーストにしました。


この食パンは、そのままでもトーストにしても美味しい。

具材をサンドして食べても美味しい。


食べた瞬間に「あっ!美味しい!」っていう感じではないのですが

美味しさがジワジワとあとから来るというか

飽きの来ないというか・・・

食べ終わったら、また食べたいなと思う食パンです。


こうやって半年か1年に一度、催事場で売られている時に買いに行くしかないのですが

まぁ、値段も食パンにしては高価な方なので、たまに食べるお楽しみパン。

またどこかの催事場でリピートしたいです。

⇒ 私が食べた食パンいろいろ

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする