アンデルセンの小さなミニ食パン 新商品ということで食べてみた

先日、伊勢丹新宿店の地下にある食品売り場を歩いてたところ、
パン屋さんのアンデルセンの前を通りかかりました。


アンデルセンのパンは、どれも当たりハズレがなくて美味しいんだよね
なんて思ってたら、

私の目に、新発売の文字が飛び込んできました!

その新商品が
「小さなミニ食パン」というかわいらしい食パンです。


新商品が好きな私に、「買って」といわんばかりの新発売の文字。

思わず購入してしまいました。



アンデルセンの小さなミニ食パンは

「卵黄、三温糖を加えて、 しっとりと焼き上げた
バターの香りが広がる小さな食パン。
そのまま食べても、スライスしてジャムやバターを塗ったり、
一口サイズのサンドイッチにするのもおすすめ」

だそうです。

値段は、270円

大きさは、普通の食パンの1/4位。
5cm×5cm位で、普通の食パン2斤分位の長さがあります。





そのまま食べてみたところ、
ほんのりと甘く、耳までやわらかい美味しいパンでした。


ただ、小さい食パンなので、白い部分に対して耳の比率が多い。

なので、食パンの耳が苦手な人には向かないパンだと思います。

⇒ アンデルセンのパンの通販はこちら

⇒ 私が食べた食パンいろいろ

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする