向後いちご園から苺をお取り寄せ!美味しく食べた後はジャム作り




春の果物といえば苺。

私は、この時期になると
千葉県旭市にある向後いちご園というところから
お取り寄せするのが恒例です。


苺が届いた日は、そのまま食べて、
残った苺はジャムにして楽しみます。

    スポンサードリンク

向後いちご園を知ったのは数年前。

知人から

「ここの苺が美味しいの。今時の苺って潰しても
赤い汁がでなかったりするでしょ。
ここのは、昔ながらの美味しい苺って感じなの。」

とおすすめされ、電話で地方発送も受け付けていると聞いて、
一度取り寄せて以降、毎年3月になるとお取り寄せするように
なりました。


地方発送は、12月頃から5月頃まで。

今年は、小粒の苺を実家の分と合わせて合計3箱
お取り寄せしました。

ちなみに、値段は
小粒の苺1箱、1.8kg入っていて 1,800円(送料別)でした。



肝心の味の方はというと、

向後いちご園の苺は、毎年美味しかったのですが、
我が家に来た今年の苺は、今一つといったところ。

ちょっと酸っぱかったのと、
例年のような味の濃さが感じられなかったです。

向後いちご園のブログによれば、
今年は出来がいいけど、小さい苺があまり取れない
とのことなので、そのせいかもしれません。


とはいっても、スーパーなどで買うものに比べれば
全然美味しいです。


そして、生の苺を堪能した後は、ジャムを作ります。


    スポンサードリンク

我が家の苺ジャムの作り方

今回は、1箱分(1.8kg)の苺を使って、ジャムを作りました。


【材料】

苺・・・1.8kg
砂糖・・・1㎏(お好みで苺の量の30%~60%位)
レモン汁・・・少々(お好みで。無くてもOK)


【作り方】

①苺を洗い、ヘタを取ります。

②粒が大きい場合は、包丁で半分に切ります。

③お鍋(できればホーロー鍋)に、苺、砂糖、レモン汁を入れ、
 弱火にかけます。

④しゃもじやヘラ等で苺を潰して果汁を出し、
 混ぜながら煮込んでいきます。

 しばらくすると、
 砂糖が溶け、苺の水分も出てきて、灰汁がでます。

⑤灰汁を取りながら、40分位煮込み、
 トロトロになったら完成です。

 ジャムは冷ますと固くなるので、煮込み過ぎないように
 注意してください。





完成した苺ジャムは、タッパーなどの密閉容器に入れて
冷凍保存することも可能です。

ちなみに、砂糖が多い方が、長期保存がききますよ。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする