加賀菊酒饅頭を食べた




お饅頭が無性に食べたくなった私。


ザ・ガーデン自由が丘アトレ上野店で、

御菓子城 加賀藩の加賀菊酒饅頭

というお饅頭を見つけて購入しました。

    スポンサードリンク

どうしてお饅頭が無性に食べたくなったのか
というと、

「もののけ本所深川事件帖 オサキと江戸のおまんじゅう」
(高橋由太著)を読んでいたから。


お饅頭が食べたい。

それも白い皮のやつ。


しかし、ここのところ残業続きで
お饅頭が売ってそうなお店には、
なかなか行けそうもありません。

そこで、おいしいお饅頭を求めて
遅くまで営業しているザ・ガーデン自由が丘
アトレ上野店に行ってみることに。


すると、いい感じのお饅頭が。

それが、御菓子城 加賀藩の加賀菊酒饅頭

まさに、私が求めていたお饅頭にぴったりです。

「もののけ本所深川事件帖 オサキと江戸のおまんじゅう」に
出てくるお饅頭も、皮に甘酒を入れるとあったので
きっと酒饅頭でしょう。



加賀菊酒饅頭は、
加賀を代表する清酒『菊姫』の吟醸酒粕を
使用したお饅頭とのこと。

皮は薄皮、中身のあんこはこし餡。

    スポンサードリンク


購入して、帰ってから早速食べようかと
思ったのですが、

購入したのは6個入り

さすがに一人で食べるには多いな。


ということで、賞味期限が約1ヶ月と
日持ちがするので、実家へのお土産にして
食べることに。




薄めの皮は、しっとりしていて、
こし餡は、上品な甘さで美味しいです。

家族にも好評。




ただ、そのまま食べたせいか、
あまりお酒の香りが感じられませんでした。

言われなければ、酒饅頭だとわからないかも。

きっと温めるとお酒の風味がでて
もっと美味しくなるのではないでしょうか。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする