どうでしょうキャラバン2017 山梨会場へ行ってきた

水曜どうでしょうのイベント
どうでしょうキャラバンへ行ってきました。

仕事の都合と、公共交通機関で行かれるところと考えた結果
最終日前日の山梨会場へ。

会場は、JR中央線甲斐大和駅から徒歩約1分のところにある
大和中学校の校庭です。

    スポンサードリンク


今回は、私にとって2回目となるどうでしょうキャラバン。

昨年は新潟へ。

その時に「来年は、早く来よう」と思ったにもかかわらず、
家を出るのが遅くなってしまい、会場に着いたのは10:15頃。


まずは、入り口近くにあるonちゃんのテントで
整理券、キャラバン新聞(グッズ案内等)、パインアメ1粒(山梨の特産?)、
会場案内図をもらいます。

私の整理券の番号は522番です。

ちなみに、イベント開始時間の11:00には、800番を突破してました。


整理券の番号順に公式グッズが買えるので、
私の順番は当分回ってきそうにありません。

時間は10:30

まだ、縁日やくじ引きもやってませんが、行列はできてます。

多くの人は、くじ引き、縁日、食べ物の順に回るので、
一番空いてそうな食べ物に並ぶことに。

地元の名物という「うらじろ饅頭(100円)」と
「うらじろホットドック 小(150円)」を購入。

どちらも美味しかったです。





先着60名の山梨名物「ほうとう」も食べたかったのですが、
まだ準備中で時間がかかりそう。

「ほうとう」に並んでると、くじや縁日ができなそうなので
「ほうとう」はあきらめて、一番空いていた「桃のスムージー」を堪能。





10:50になると、藤村ディレクターがバッタモンワゴンのところへ現れ、
マイクをもって宣伝しながら、バッタモングッズを販売開始。

売られていたのは、白いトートバッグとエプロンです。

せっかくなので、白いトートバッグを購入。


    スポンサードリンク

そして、11:10。

黒色すみれさんのトランペット演奏による「テーマソング斉唱」で
約10分遅れでイベントが開始されました。





少しの間、藤村Dと嬉野Dのトークを聞き、
縁日やくじ引き等の販売が始まったので、バッタモン売り場へ。


バッタモン売り場の横のスタンプコーナーで、
先ほど購入した白いトートバッグにスタンプを押すとオリジナルバッグに。





藤村Dと嬉野Dのスタンプを押しました。


次は、縁日へ。

「ピンボール」「ヨーヨー釣り」「型抜き」の3種類があり、
1回200円となってます。

その中から、昨年やって見事に景品をGETしたピンボールをやることに。


挑戦2回目で景品をGET。





「onちゃん」と「ヒゲ(どうでしょう仕様)」があったのですが、
どうでしょうファンとしては、やっぱり「ヒゲ」でしょう。


次は、くじ引き。

時間は12:00頃だったのですが、すでに、
「落城(売り切れ)になりそうなので、おひとり様3回までとします」と。

ステージの藤村Dと嬉野Dのトークショーに耳を傾けつつ、
くじ引きに並び順番待ち。


onちゃんのソープディスペンサークリアー2種類と、
簡易クッションが当たりました。





縁日もくじも楽しんだので、他のブースも回ってみることに。


くじ引きに並びながら聞いてた藤村Dと嬉野Dのトークショーで案内されてた
黒色すみれさんのブースへ。

お目当ては嬉野Dがデザインしたキーホルダー

ですが、それだけというのも何なので、黒色すみれさんのCDも買うことに。


「運が良いですよ。今なら、まだ藤村Dと嬉野Dのサイン入りがあります。
今は、ライブの準備でいないですけど、後でまたブースに戻ってきてくださいね。
黒色すみれさんもサインをしますから」と。

そして、缶バッチとステッカーをおまけにもらいました。





それから、隣のブースで
藤村Dがラジオで朗読していたという絵本と
藤村Dをもじった「小髭ちゃん」の缶バッチを購入。

こちらでも、おまけでステッカーをくれました。





14:00頃になり、やっと公式グッズの順番が回ってきました。

しかし、

すでに、サイコロキャラメル、帽子、キャラパン(短パン)、
茶王(どうでしょう仕様の缶入りのお茶)、うれしーの珈琲、
onちゃんジャージダルマなど、ほとんどの商品は売り切れ。

でも、一番欲しかったスマホケースは購入できました。

さらに、タオル、Tシャツ、Onちゃんほうじ茶2個を購入。





この時点で時計を見ると、14:25。

電車の時間を確認すると14:29。その次の電車は1時間後。

次の日出勤ということもあり、帰ることにしました。

来年こそは、もう少し早く行こうっと。

    スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする